Pièce

カテゴリ: セラピスト

遥菜(33)

可愛く整ったお顔立ちに、気取らず明るい性格の彼女
普段はアロマ系のお仕事の傍らのアルバイトセラピストさん


アロマの資格も持ち全身から漂う微かなアロマの


「香り」


また思いの外豊かな「F」の「B」を距離感無しの施術に献身的なお手入れに体だけだではなく心も癒されます




「香りには気を遣ってます、、、」




女子力高い大人の「香り」漂う施術で
心地良いお時間をお過ごしになれることでしょう


SNOW_20240427_233551_071

SNOW_20240427_233919_606

SNOW_20240427_234153_179




































































































悠乃(30)

視線を奪われるスタイルの良さと
品格を持ち合わせたセラピストさん



大人の色香、妖艶なまなざしに
ゾクゾクさせられます。



優しく繊細で柔らかいタッチと
艶っぽくゾクゾクするような施術は
一度体感したら虜になってしまいます。



一度身を委ねてみてはいかがでしょうか?



SNOW_20240423_202345_011




















































































































瀬里(27)

当グループ歴代人気上位のセラピスト2年振りに復活です。。。

整った彫り深い顔立ち
綺麗なボディライン
若いながらも充分完成された艶やかさを持つセラピストさん



普段はアパレル系のお仕事に従事しており
興味と実益半々でのメンズエステ再挑戦です



トリートメントの経験は無いに等しいながら、思い切りの良い手つきと踏み込んだ距離感‥




「ぬるぬるですね笑  変な気分…」




少しウワヅル声と真剣な眼差し

口調は笑っていますが、少し違うことを考えていそうです

SNOW_20240421_193541_604

SNOW_20240421_193013_778









































































茉莉花(25)
 
優しいぬくもりに包まれる癒しと艷やかな色気を兼ね合わせた清楚系セラピスト

自信への投資のため思いきってメンズサロン初挑戦です


いつも「柔らかい」表情で満ち溢れており、優しい気遣いに気持ちが安らいでいくのを実感できます

また抱き心地良さそうなbodyの「E」の「B」
を距離感0で体感でき、思いっきりの良い施術は良い意味で見た目とのギャップを感じさせてくれます



「なんだか恥ずかしいですね、、、こんな風に男性に触れたことがなくて」


と、ウブな一面も
 


表情の中に常に可愛らしさを感じさせる…
大人の男性にぴったりなセラピストと穏やかな安らぎのときをお過ごしください。


SNOW_20240402_203034_013

BeautyPlus_20240514184016549_save

SNOW_20240402_203757_846

























































































































































































































桃華(30)
天真爛漫で明るい空間作りが出来るそんな印象のセラピストさん


人懐っこく愛くるしい彼女ですが、いざお手入れになれば十分に持ち合わせた経験をいかした
体全体にまで伝わってくる手の温もり…


距離感0のオリジナルトリートメントにメンズエステ特有のお手入れは見事な迄にオリジナルセッションを奏でます。。。




「皆様に満足してもらえるよう頑張ります」




お会いした瞬間のイメージとはいい意味で異なるお手入れを是非ご堪能下さいませ


SNOW_20240412_083136_658

SNOW_20240325_215743_911

SNOW_20240325_215928_340

SNOW_20240412_082805_552




































































































































































このページのトップヘ